民家や農園に被害を与えるハクビシン対策

ハクビシンは日本に生息する唯一のジャコウネコ科の動物です。
運動能力が高く、木を登ったり電線を渡ったりし、垂直の壁をよじ登ったりします。


糖度の高い果物が好物で残飯なども漁ったりします。農作物である果樹園を荒らしたり民家に積みつき、糞尿の被害を与えます。
最も怖いのは伝染病の発症です。ハクビシンには有害なノミやダニが寄生しています。


夜行性でなかなか捕まえるのは困難な動物で、被害にあったり見かけたらハクビシン対策が必要です。

魅力的なハクビシン対策のサイトが登場しました。

被害にあわないようにするハクビシン対策は、まず侵入させないようにすることです。

畑や家の周りの草を刈ったり、木の枝の剪定、落ち葉の清掃を行い、見通しを良くすることで近づけなくします。


そして餌となるものを片付けます。



民家ごみや残飯、収穫した農作物などが畑に散乱していれば取り除きます。

そして寝床になるようなごみを清掃します。
こうすることでハクビシンが住み着きにくい環境を作ることができます。


実際に被害に遭った形跡がある、民家に住み着いている場合は、捕獲したり忌避剤などで追い出します。捕獲器はハクビシンの寝床、餌場などに設置します。


おびきよせるものは果物などが効果があります。

忌避剤は臭いで追い出すものが市販されています。


ハクビシンはニンニクや油の臭いを嫌がります。室内の場合は、侵入口から遠い場所から順に設置し、追い出した後は侵入口を塞ぎます。
ハクビシン対策は、農作物に多大な被害を与える動物です。



日頃から畑や周りをきれいにすることが、ハクビシン対策に繋がります。