簡単なハクビシン対策

ハクビシンは、近年住宅地に出没する件数が多くなり、それにともなって被害も増えています。

ハクビシン対策の最新情報をお伝えします。

ハクビシンは、天井の堀の小さな隙間からでも侵入することができ、糞尿被害や農作物の食い荒らしなどが問題となるケースが増えています。
そのため、ハクビシン対策が必要となります。

ハクビシン対策として重要なポイントは、・寝床を作らせない・侵入経路をなくす・餌場を作らないといったことがあげられます。

ハクビシンは、昼間は神社や住宅などの天井裏などで休息をとり、寝床にすることがありますから、天井裏などのわずかな隙間などもきちんとふさぐことが大切です。

また、ハクビシンは木登りが得意で、人家の周辺にある木から飛び移る可能性もありますから、枝を剪定しハクビシンが近づけないようにすることが大切です。


そのほかにも、農作物を収穫した跡には、きちんとすべてとり、取り残しがないようにしたり、ネットやビニールシートをかぶせて、餌を隠すことも、ハクビシン対策には大切です。

ハクビシンの対策には、フェンスや電気柵、忌避剤、捕獲器などが有効です。

ハクビシンは身体能力が高いので、フェンスだけを設置しただけの場合、簡単に飛び越えてしまう可能性がありますから、電気柵を併用することで有効に退治することができます。
また、ニンニクや石油系のにおいが苦手ですから、こういったにおいの忌避剤も有効です。



ハクビシンは鳥獣保護法によって勝手に駆除や殺処分をすることができませんから、自分で退治することが難しい場合には業者に依頼するようにしましょう。